結婚式のアクセサリーにマナーってある?お呼ばれしたら知るべき話

この記事では、結婚式に参列するお呼ばれアクセサリーのマナーについて紹介します。
ゲストとして結婚式にお呼ばれされた際、女性だと細かなところにも気を遣いたいですよね。
でも、アクセサリーにもマナーがあるってご存知でしたか?
この記事を読んでおけば、当日になって慌てたり恥をかくことがないので事前にしっかり確認しておくと安心ですよ。

スポンサードリンク
スポンサードリンク

結婚式お呼ばれアクセサリーのマナーポイント

引用:https://www.instagram.com/p/Bt59BHrH5Qc/

主役より目立つ、カジュアルなデザイン・白っぽい色は選ばないというのは基本です。
生花を使ったアイテムやたくさんの宝石がついたアクセサリーは避けましょう。
また、花嫁の色である「白」ですが、パール(真珠)のアイテムであればゲストも使用することができます。
ちなみに安く手に入るコットンパールのアクセサリーは、カジュアルな印象を与えるため注意が必要です。
遠くからだと分からないだろうと思っていても意外と他の参列者から指摘される可能性もあるので気をつけましょう。
他に地域や考え方、会場の雰囲気、式のスタイルなどによって異なりますが、次のような注意点もあるので参考にしてみてください。

  • ブラックパールは喪のイメージ
  • 揺れる耳飾りはNG
  • 結婚指輪はOK
  • 2、3連ネックレスは基本OK

黒パールは欧米で喪をイメージさせるので、白もしくは他の色を選びましょう。
またピアスやイヤリングは、大きくゆらゆらと揺れるものは「結婚生活が揺らぐ」というイメージがあるため避けます。
あなたが既婚者の場合、ダイヤモンドなどの宝石があしらわれている結婚指輪をしていることもあるでしょう。
しかし、たとえパール以外のキラキラした宝石の結婚指輪でもフォーマルなものなので、特に問題はありません。
また、ネックレスの重ねづけはマナー違反ではありません。
ただし、年配の方の中には気にする人もいるかもしれないので、心配であれば新郎新婦に相談したり1連レックレスで参列したほうが安心です。

時間帯のマナーに合ったアクセサリーを選ぶ

洋装の場合、イベントが行われる時間帯により装いのマナーが異なります。
まずは、昼と夜それぞれに合ったアクセサリーの選び方について確認してみましょう。

昼の結婚式・パーティー向け

引用:https://www.instagram.com/p/BuSdrqLHhji/

昼間に行われる結婚式では、キラキラと光るアクセサリーはマナー違反とされています。
そのためパールやムーンストーン、珊瑚(さんご)、翡翠(ひすい)といった光に当たってもやさしく反射する宝石や天然石を選びましょう。

夜の結婚式・パーティー向け

引用:https://www.instagram.com/p/Brhdik2gRhz/

夜に開催される結婚式では、特に気をつけるべき注意点はありません。
洋装のマナーとして、夜は少しゴージャスな衣装やアクセサリーを身につけるといった気持ちでコーディネートすればよいでしょう。
昼間はNGだったパール以外のダイヤモンドやルビー、サファイヤ、エメラルドといった五大宝石を使ったアクセサリーで豪華に飾れば、シンプルなドレスも華やかになります。

アニマル柄・ファーアイテムは避ける

引用:https://www.instagram.com/p/Bq0zwEagpA9/

「殺生」をイメージさせるワニ革やヘビ柄などのアニマル柄アクセサリーやファーアイテムは控えましょう。
特に年配の方は不快に思う場合が多いので、注意が必要です。

時計はつけない方が好ましい

引用:https://www.instagram.com/p/BuUpJUTH3Q9/

どんなにドレッシーでおしゃれな腕時計でも結婚式では外しておきましょう。
なぜなら「時間を気にしている=早く帰りたい」といった連想につながるため、会場に着いたらクロークに預けておくなど対策する必要があります。

スポンサードリンク
スポンサードリンク

失敗しない結婚式のマナーいいお呼ばれアクセサリーとは

次に、その他のアクセサリーを選ぶ際、具体的にどんなアイテムを選べばいいかそれぞれ紹介していきます。

ブレスレット

引用:https://www.instagram.com/p/BuUkLU9nmN1/

カラフルな天然石を使ったやさしい色合いのブレスレットです。
昼でも夜でも身に着けれるので、さり気なく手元を彩るアイテムとして取り入れてみましょう。

引用:https://www.instagram.com/p/BuUs7zmHHOg/

ふんだんにパールを使った花型のブレスレットです。
ボリューム感があるのでシンプルなドレスを華やかにしてくれます。
カジュアルな式やパーティーと相性がよさそうです。

ヘアアクセサリー

引用:https://www.instagram.com/p/BtuLGQFHVmc/

お昼の式、パーティーであればパールやビーズを使った上品なヘアアクセサリーを選びましょう。
もちろん夜でもパールアイテムを身につけられるので、クラシカルな装いには取り入れてみるとコーディネートに統一感が出ます。

引用:https://www.instagram.com/p/BuTpCKGh8lP/

夜は少し華やかにしたヘアアクセサリーを身につけるとシンプルなドレスにも映えるでしょう。

コサージュ・ブローチ

引用:https://www.instagram.com/p/BuTifubH5DO/

コサージュは造花または布地、レース生地のものを選びます。
生花は新郎新婦のみが身につけるので、注意が必要です。
また、ブローチをつける場合はネックレスや耳飾りと同じ素材でできたアイテムを選ぶと統一感をもたせることができます。

結婚式のゲスト向けお呼ばれアクセサリーのマナーまとめ

今回は、結婚式にお呼ばれされたゲスト向けアクセサリーのマナーについて紹介しました。
服装以外にも気をつけるべき点があるので、注意しながらコーディネートしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です