卒業式の母服でワンピースのみって大丈夫?知っておくべきマナーとは

この記事では、卒業式でワンピースのみって大丈夫?母親が気をつけるべき服装マナーについて紹介しています。
春になるとフォーマルな服を着る機会が増えてきますが、ドレスコードについてあまり詳しくないという方も多いはず。
細かく指定されていない場合はとても悩んでしまいます。
そんな卒業式に参列するお母さん向けにワンピースのみでもマナー違反にならないかなど詳しく説明していきます。

スポンサードリンク
スポンサードリンク

卒業式での母親の服装がワンピースのみってどうなの!?

卒業式の服装で母親がワンピースのみで参列するのはマナー違反なのでしょうか。
その答えを単刀直入にいうとあまり好ましくありません。
洋装の場合は、場所や時間帯により着用する服装の区別がされ、それぞれルールが異なります。
卒業式に参列する親のドレスコードは、一般的に準礼装であるセミフォーマルもしくは略礼装のインフォーマルです。
学校の方針や指示により考え方はさまざまでしょうが、基本的に準礼装を意識したアイテムを使いコーディネートすれば問題ありません。
では、なぜワンピースのみではマナー違反になる可能性があるのか説明していきます。

そでのないワンピースはマナー違反

卒業式が行われる昼間のドレスコードでは、肩や背中を出してはいけません。
そのため、そでのないノースリーブスタイルのワンピース、トップスでは必ずジャケットを着用しましょう。
もちろん、そでがあるワンピースであっても基本的にジャケットを羽織るのが格式ある正式なマナーといわれています。
たとえ平服、インフォーマルでもOKという指示があっても、最低限ボレロなどのアウターを着用するのが好ましいです。
卒業式は一般的に3月に行われる式典なので、防寒対策としても羽織ものを着ていたほうがよいでしょう。

ワンピースのみならず卒業式で気をつけるべき母親の服装マナーポイント

ではワンピース以外も含め、卒業式に着ていく服装のマナーについて紹介していきます。

カジュアルな素材や色柄、デザインのアイテムは避ける

たとえばジャケットを羽織ったとしてもそれがデニムジャケットであれば、卒園式には不釣り合いと感じられるはずです。
それと同じように、TPOをわきまえたスタイルを心がけながらコーディネートしましょう。

【素材】

先ほど説明しとおりデニムや麻(リネン)、透け感の強い素材は避けます。
カジュアルに見えたり、昼の装いでは肌を露出するのが好ましくないためです。
また、キラキラとした光沢の強いアイテムも控えます。
シルキーな風合いが美しいシルクやサテン、ポリエステルなどであれば上品な印象になるのでおすすめです。

【色柄】


卒業式の場合、落ち着いた黒やネイビー、グレーが望ましいです。
白やベージュ、淡いピンクなど明るく薄い色合いのペールトーンは入学式に合わせるのがよいでしょう。
また柄については1番格式高い無地がおすすめですが、レースや同色の織り柄や刺繍も上品でマナー違反にもなりません。
ポイントは、無地に見えるようアイテムと同色で過度な装飾がされていない柄を選ぶことです。

ジャケットはどんなスタイルでも着用しよう

引用:http://zozo.jp/shop/girl/goods/34311907/?did=59220788

先述したとおりそでのあるワンピース、トップスであったとしても基本的にはジャケットを羽織るのが好ましいです。
もちろん体調が優れない、動きやすい格好でないと難しいなど、いたし方ない場合はこの限りではありません。

テーラードやツイードのノーカラージャケットが定番ですが、そでやすそにデザインのあるものを選んでもよいでしょう。
上品な印象を与えマナー違反にもならないフレアスリーブがおすすめです。
自信がなければ、スリットの入ったジャケットを折り返すだけでもすっきり見え、印象が変わります。

「スカート・ワンピース丈はひざが隠れるミディ丈で」

引用:https://wear.jp/rinab/14039917/

スカートやワンピースはミディ丈が上品で理想的です。
もしくは軽くひざが見える程度やふくらはぎの真ん中あたりのミモレ丈であれば問題ありません。
太ももの見えるミニ丈やくるぶしが隠れるマキシ丈は避けましょう。

パンツスタイルでもOK

引用:https://www.instagram.com/p/Bf1yd2WhxHy/

最近では、パンツスタイルでも浮くことが少なくなりました。
ただし基本的に洋装では女性の場合、ワンピース>スカート>パンツといった順に格式高い装いといわれています。
規律が厳しくなく、パンツスタイルの母親も多く参列するような様子であれば問題ないでしょう。
また、ジャケット同様に体調や諸事情などによりいたし方ない場合は、無理をせずパンツスタイルも検討すると安心です。
ただしスカート丈と同じく短いと好ましくありません。
7〜9分丈であれば、落ち着いた色合いの服装でもすっきりとして見えるので、美脚・スタイルアップ効果が期待できます。

靴やストッキングの注意点

引用:https://www.instagram.com/p/BplPv09AdOL/

靴はつま先やかかとの隠れる革のパンプスを選びます。
色は服装に合う黒やネイビー、ベージュなど落ち着きのあるものにし、過度な柄や装飾がないシンプルなデザインにしましょう。
ヒール部分は高すぎず細すぎないものが上品に見えます。
3cm〜7cm程度までであれば、マナー違反にもならずスタイルアップも期待できます。

また、どんなスタイルであってもストッキングは必ず着用しましょう。
肌に馴染むベージュやオークルなどのナチュラルカラーを選ぶと上品で、どんなスタイルでもきれいに見えます。
ちなみにタイツでなければ黒のストッキングでも構いません。
ただし、入学式で着用するような淡い色のスカートやベージュのパンプスには、悪目立ちしてしまう可能性があるので注意が必要です。

バッグは靴や服装との調和を大切に

引用:https://www.magaseek.com/product/detail/id_501379048-mc_164

バッグは靴と同様にレザー素材で色柄の落ち着いた大きすぎないサイズを選びましょう。
荷物が入らない場合はサブバッグを用意すると安心です。
合わせる服装や靴とのバランスを考え、統一感のある同色にするとコーディネートがきれいにまとまります。
また、フォーマルスタイルのセット商品として付属してある布地のバッグで参列しても構いません。
しかし、お葬式のイメージを連想させないよう少しコーディネートを華やかにするなど工夫しましょう。
結婚式で使用するようなスパンコールのついたパーティーバッグは、卒業式などの式典には向かないので避けます。

アクセサリーの注意点

ネックレスやピアス、コサージュなどのアクセサリーはどうしても必要というわけではなりません。
特に小さいお子さんと一緒に参列する場合は、引きちぎられる可能性もあるので注意が必要です。
また、服装と同じく必要以上に豪華なデザインや色のアクセサリーは控え、シンプルで上品なアイテムを選びましょう。
靴とバッグの色を統一したように、アクセサリー同士の素材や色を同系にするとコーディネートがきれいにまとまります。

【ネックレス】

引用:https://www.instagram.com/p/BfuSqjlDj4C/

一般的なセミアフタヌーンドレスの場合は、ダイヤモンドやパール以外にエメラルド、サファイヤ、ルビーといった五大宝石の中から選びます。
しかし、浮いてしまう可能性もあるのでパールもしくはダイヤモンドのどちらかにすると安心です。
パールの場合は1連または1粒、ダイヤであれば1粒タイプだと上品に見えます。
ホワイトパール以外に淡い色合いのグリーン系やブルー系、ゴールド系、ピンク系などであれば問題ありません。
コーディネートに合わせて選んでみましょう。

【ピアス・イヤリング】

引用:https://www.instagram.com/p/Bf5ULgQHwlz/

ピアスやイヤリングを選ぶポイントは、ゆらゆら揺れない小ぶりなデザインにすることです。
揺れるものや大ぶりのアクセサリーはカジュアルな印象を強め、卒業式などの式典では不向きとされています。

【コサージュ・ブローチ】

引用:https://www.instagram.com/p/BeIhzonHN7d/

「全身が真っ黒の服装で喪服みたい…」「シンプルすぎてなんだか地味だな」と感じたらコサージュやブローチをつけて華やかさをプラスしてみましょう。
セレモニースーツに付属してある共布のコサージュでもいいですが、同化してしまうので他のアイテムに変えると印象が変わります。
画像のように、光沢のある布地とパールだけのシンプルで上品なデザインもすてきですね。

またブローチの場合、ネックレスやピアス・イヤリングと色調を合わせます。
同じようにパールもしくはダイヤで統一させることが大切です。

選ぶ際は大きすぎず鮮やかすぎない落ち着いたデザインや色合いのアイテムを選びます。
片手のひらをいっぱいに広げた以上のサイズは大きすぎるので避けましょう。

スポンサードリンク
スポンサードリンク

『卒業式の母服でワンピースのみって大丈夫?知っておくべきマナーまとめ』

今回は卒業式に参列するお母さん向けワンピースのみの服装マナーについて紹介しました。
ワンピースのみでも問題ありませんが、そでのあるデザインを選びましょう。
しかし、基本はジャケットを着用したほうが式典にはふさわしいスタイルとなります。
一般的に3月初旬に行わる卒業式であれば、防寒対策としても役立ちますよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です